二次会を断る際の注意点

結婚式二次会の招待を断る場合、断り方しだいでは自分の評価が下がってしまったり、相手に気を遣わせたり傷つけたりしてしまいます。
このような問題を避けるためには、いくつか気をつけなければいけないことがあります。
当サイトでくわしく説明しますので、別のページに掲載している情報もぜひご覧ください。

このページでは基本的な注意事項を解説しますが、招待を受けた際に断る場合、相手や相手が親しくしている人を含め嫌われてもかまわないという場合以外、一番してはいけないのがひたすら無視を決め込むことです。
「相手が一方的に招待してきたのに、わざわざ出席しないといわなければならないの?」と思う人もいるかもしれませんが、どれだけ面倒くさいとしても出席しないことは伝えましょう。
出席するかどうか伝えなければ、招待してきた人側で料理の人数が決まらないなどの不都合が起こる原因になりかねません。
また、無視をしていると向こうが改めて出席の可否を尋ねてくることにもなります。
いずれにしても無視をすれば自分の評価を下げることになりかねないため、返事はしましょう。

このほか、参加しないのであれば返事は早めにしましょう。
ダラダラと返事を先延ばしにしていると、やはり相手が出席の可否を聞く必要があり、ルーズな人だと思われてしまう可能性があります。
また、前述したように料理の人数が決まらないなどの問題が起こり、返事をしない人に対し不満を抱くことにもなりかねません。



▼PICK UP
ゴルフコンペ景品や結婚式の二次会景品に喜ばれる品を探せるサイトです ... ゴルフコンペ景品

Copyright © 2014 結婚式の二次会を上手く断る方法 All Rights Reserved.